役立つ音楽情報!

日本語ラップがダサいといわれる理由と他のジャンルとの違いや特徴

日本語ラップがダサいといわれる理由と、他のジャンルとの違いや特徴を考察します。

近年、TV番組「フリースタイルダンジョン」の影響で、日本語ラップの人気が上がっています。

そのことを除いても、10年前、20年前に比べたら大衆に受け入れられているようには感じます。

しかし、そうは言っても他のジャンルと比べたら、やはり

  • ダサい
  • 気持ち悪い
  • 嫌い

 

など批判的な意見や感想を持つ人は多いのが現状で、まだまだ一般的には完全に受け入れられていないという感じはしています。

そこで、日本語ラップがダサいといわれる理由を考察してみます。

また日本語ラップ(厳密にはジャパニーズヒップホップ)と他のジャンルとの違いや特徴も考察します。

ちび音
ちび音
ちなみに管理人は日本語ラップが好きです♪

日本語ラップがダサいといわれる理由

日本語ラップがダサいといわれる理由

日本語ラップ(ジャパニーズヒップホップ)をダサいと思っている人達の意見を見たり聞いたりすると、当たり前ですが色々な事がいわれています・汗

その中でもいくつか傾向があるようで、それは10年前、20年前にも同じような意見がありました。

  1. 洋楽のモノマネ
  2. 不良・輩のイメージ
  3. 日本語でのラップの違和感
  4. 歌詞が聴き取りにくい
  5. そもそもラップは音楽じゃない

 

もちろん他にも色々な意見がありましたが、多かったのはこの辺りかなと。

ちび音
ちび音
セールスを理由にしてる人がいたけど、それはズレた意見だし、「邦楽がそもそもダサい」っていうのも、洋楽聴き始めたばかりの人やイタいバンドマンのイキリで逆にダサいですw

日本語ラップは洋楽のモノマネ

日本語ラップは洋楽のモノマネ

洋楽のヒップホップを日本人がマネしてもダサいだけ。

昔からこの意見は非常に多くて、確かに洋楽のヒップホップを服装から曲調まで真似た感じは特に90年代、2000年代は多かったように思います。

洋楽のヒップホップは黒人の文化から成り立ってきたジャンルなので、それをそのまま日本人が真似をしてもダサいって思われます。

 

ただ現在の日本語ラップ(ジャパニーズヒップホップ)は、色々なタイプのアーティストが活躍しています。

曲調にしても服装にしても様々で、そのイメージは大分少なくなってきのではないでしょうか。

ちび音
ちび音
このイメージをまだ持っているということは、あまり日本語ラップ(ジャパニーズヒップホップ)を聴いていないからこその先入観もあるんじゃないかなと

日本語ラップは不良・輩のイメージ

日本語ラップは不良・輩のイメージ

洋楽でもそうですが、ヒップホップはアンダーグラウンド、ストリートの文化という一面があるので、やはりコワモテなイメージはどうしても付いてしまいます。

だから歌詞も成り上がりや攻撃的な面が反映される事が多いので、全く共感できない人ももちろんいるだろうし、それをダサいと捉える人も。

 

しかし、前述しましたが現在はそのようなアンダーグラウンド系だけでなく、見た目含め色々な系統のアーティストがいます。

またアンダーグラウンド系は不良というだけでなく家庭環境を扱ったモノもあるので、不良でなくても響く人はいるはずです。

ちび音
ちび音
RHYMESTERのように90年代や2000年代にも非ストリート系のアーティストはいましたが、今はより多くなったように思います。

日本語でのラップの違和感

日本語でのラップの違和感

そもそも英語じゃなけりゃラップは無理、日本語でラップするのがダサい

日本語ラップ(ジャパニーズヒップホップ)が好きでなかったり、聴いていない人なら絶対そう思うだろうなぁと。

日本語の語感はラップには向いていないからダサくなる、っていうのは、当然感じてしまうことだと思います。

僕も聴き出して好きになる以前は、同じように思っていました。

 

ただこれって、個人的にはブラックミュージックと似ているところではないでしょうか。

それは一回聴いてピンこなかったり、好きじゃないと思っても何回か聴いているうちに気に入っていく。

他のジャンルでもありえることなんですが、日本語ラップ(ジャパニーズヒップホップ)の場合は特に顕著だと思います。

洋楽のヒップホップやR&Bなども同じで、ブラックミュージックはそのような傾向が強いと感じています。

だから聴く側を選ぶジャンルだとは思います。

ちなみに、

聞く側に問題ありなんていいだしたら、曲としての価値なくなるだろ

といった意見がありましたが、確かにリスナーに問題なんて無いと思います。

ちなみによく言われる、

オリコン上位はアイドルとかそういう系しか入ってなくてダメ

って感想は、聴く側が求めている結果(もちろん例の商売方法も原因だと思いますけど)。

だから、それが嫌なら、やっぱりリスナー側が耳を肥えさせる事は必要なんじゃないかなって思います。

ちび音
ちび音
もちろん初回で衝撃を受けたり好きになる曲もたくさんありますが、繰り返し聴くことで良さが分かっていく傾向のジャンルですね♪

日本語ラップは歌詞が聴き取りにくい

日本語ラップは歌詞が聴き取りにくい

この意見は多かったです。確かにJPOPやJROCKに比べたら聴き取りづらいと思います。

音楽を聴く上で音を重要視している人と歌詞を重要視している人に分かれるので、歌詞重視の人にはキツイですよね。

でも邦楽の中で一番リアル感があるし、言葉の使い方や言い回しはずば抜けてると思うので、歌詞カードや掲載サイトでチェックしてもらいたいなって思います。

ちなみに、

自信のある歌詞なら届くんだからね

っていう意見がありましたが、これはちょっとズレてるっていうか浅はかですw

そんな感情的ポイントでなく、声質であったり技術であったり。

もう一つ言えば、聴く側の耳が慣れているかどうかっていうのもあります。

ちび音
ちび音
軽視されがちですが、耳が慣れるって結構なポイントですよ♪

そもそもラップは音楽じゃない

ラップは音楽じゃない

ラップは音程が無いし、ただ語っているだけ

という意見を聞きました。それも音楽活動をしていた人から。

音楽をしていた人でも好き嫌いは別に、受け入れないっていう人がいるのだから、たぶんこの意見は多いと思います。

ラップは楽器とも歌ともちがう3つ目のパートだと認識してみるといいし、ラップは楽器だという意見もあるようですが僕も同意したいです。

この違和感もやっぱり聴いていくうちに解消されていって、ハマる人はハマると思うんですよね。

ちび音
ちび音
ラップは音楽での表現方法の一つだと思いますよ♪

スポンサーリンク

日本語ラップと他のジャンルとの違いや特徴

日本語ラップと他のジャンルとの違いや特徴

日本語ラップ(ジャパニーズヒップホップ)と他のジャンルとの違いや特徴は、多くの人が知っているように、

ラップやサンプリングや打ち込みで制作されたバックトラック(オケ)です。

ただ最近はJPOPにもラップが入ったり、打ち込みで制作されることはよくある話ですが。

そして、曲構成も基本はバース(Aメロ)とフック(サビ)に分かれます。またリリック(歌詞)の中で韻を踏むのも特徴ですよね。

ここまではいわゆる曲自体の違いや特徴ですが、次にそれ以外で個人的に感じところをお話します。

日本語ラップ(ジャパニーズヒップホップ)は、地域性で色が出てるイメージがあります。

もちろんそれだけでは括れないのですが、日本語ラップ(ジャパニーズヒップホップ)の楽しみ方の一つとして捉えて見ると面白いですね

ちび音
ちび音
東京だけでも渋谷、新宿、練馬、世田谷などなど♪

他のジャンルと最も違うと思う特徴が、客演(feat)です。

好きなアーティストの曲を聴いてると、客演で他のアーティストとコラボする曲によく当たります。

もしその客演アーティストが知らなかった場合、そのタイミングで知れて気になれば今度はそのアーティストの曲を聴くことになりますよね。

一例ですが、

  • ZEEBRAの曲に客演で参加していた般若の曲を聴くようになり
  • 般若が客演していた別の曲でNORIKYOの曲を聴くようになり
  • NORIKYOの曲に客演で参加していたZORNの曲を聴くようになり・・・

 

といった感じで。

アーティスト自体は以前に知っていたとしても、客演していた曲を聴いたことで改めて興味が湧く、なんてことも往々にしてあります。

ちび音
ちび音
日本語ラップ(ジャパニーズヒップホップ)は、色々なアーティストを聴くタイミングが他のジャンルより多く感じますね♪

最後に

日本語ラップ(ジャパニーズヒップホップ)がダサいといわれる理由と、他のジャンルとの違いや特徴を考察しました。

合わない人いくら聴いても合わないと思いますが、聴かず嫌いな人も結構多いので無いかなって思うんです。

また日本語ラップ(ジャパニーズヒップホップ)というジャンルも育ってきたので、JPOPやJROCKと同じように、そのジャンルの中でテイストが分かれます。

ストリート系、オシャレ系、リリカル系、パリピ系、ポップ系などなど。

だから日本語ラップ(ジャパニーズヒップホップ)は洋楽の猿真似ではなく、ジャパニーズヒップホップという独自の形が出来上がってると思っています。

また日本語ラップ(ジャパニーズヒップホップ)が好きと言っても、全部が好きというわけでなく、このアーティストが好き、コレ系が好きっていう人も多いのではないでしょうか。

ちび音
ちび音
気持ちが沸き立つような曲も心に響くような歌詞も、きっとあると思いますよ♪