大人のピアノ入門

大人から始めるピアノの独学レッスン方法と初心者向けの楽譜は?

大人になってからピアノを弾きたいと思っても

「ピアノは小さい頃からレッスンを受けないと弾くことができない」

というイメージというか先入観で諦めてしまう人が多いようです。

ピアノなど楽器や作曲について似たような質問をされることもあるのですが、

  • 大人になってからでもピアノは弾けるようになるのか?
  • ピアノは独学で弾けるのか?

という疑問を持つ人が多い印象です。これらの疑問に対して僕は条件付きでYESと答えています。

そして今回は大人になってからピアノを始めるための方法や独学について見ていこうと思います。

また大人初心者向けの楽譜についても見ていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは大人になってからでもピアノを弾く方法について見ていきましょう!

大人になってからピアノを始める!その前に…

大人から始めるに適したピアノの独学レッスン方法をお伝えする前に、前提として考えて欲しいことがあります。

それは

  • 何でピアノを弾けるようになりたいのか?
  • どんな曲が弾きたいのか?

この2つです。

というのも、大人になってからピアノを独学で始めるといっても、ピアノを弾きたい理由や弾きたい曲によってベターな方法や好ましい環境が変わってくるからなんです。

どうしてピアノを弾けるようになりたいのか?

大人になってからピアノを弾けるようになりたいと思う人の多くは、趣味として弾けるようになれればって思っているはずです。(たぶん)

でも中にはプロのピアニストとして!って思っている人も0では無いと思うんですね。

実際に35歳を過ぎてプロのピアニストになられた方もいらっしゃいますから、不可能ということはないでしょう。

でも正直かなり頑張らないと厳しいし、ピアニストの世界は家柄(というか裕福かどうか…)がかなり関係すると感じています。

あまり細かいことは省きますが…(汗

それにプロのピアニストを目指しているのなら、独学はありえないですよねw

しっかりと教室で一から学ぶべきだし、全力で努力していかないと難しいです。

 

趣味としてピアノを弾けるようになりたいのであれば、独学でも弾けるようになるしキーボードでも良いかなって思います。

ただなるべく鍵盤数の多いキーボードが望ましいです。大抵の曲は64鍵盤あれば十分だと思います。

個人的にはフットペダルも用意できればベターかと。

ピアノでどんな曲が弾きたいのか?

また趣味で弾けるようになりたいとしても、じゃあどんな曲を弾けるようになりたいのか?

自分の好きな曲だったり、思い出の曲だったり、もしくは結婚式で披露したいとかもあるかもですよね。

で、弾きたい曲がクラシックなのかJPOPなど流行曲や懐メロなのか色々あるかと思います。

ここでクラシックとそれ以外(流行曲や歌謡曲全般、EDMなども含)の2つにザクっと分けます。

なおジャズやスカなど特殊なジャンルは今回省いてお伝えしますm(_ _)m

ピアノでクラシックが弾きたい!

もし、モーツァルトやベートーヴェンなどクラシックが弾きたい!というのであれば、個人的には独学ではなく教室や教材の購入をおすすめします。

というのも、クラシックであればまず楽譜ありきであり楽譜どおりに弾くのが常となるからです。

楽譜をちゃんと読める様になったほうが良いでしょうし、っていうか楽譜が読めるようにならないとクラシックは難しいですね。。。

あと楽器もキーボードではなくグランドでなかったとしても、アップライトやコンソールなどちゃんとしたピアノが望ましいです。電子ピアノでも良いとは思いますが。

キーボードでも弾けないことはないでしょうが、恐らく物足りないと感じる気が…汗

ピアノでJPOPが弾きたい!

JPOPに限らず流行曲などクラシック以外の曲を弾きたいのなら、楽譜(五線譜)が読めなくてもなんとかなります。

もちろん楽譜をちゃんと読めた方がより良いですが、ピアノを大人から始めるのであれば一番簡単で楽しい方法が個人的には良いと思っています。

ピアノを弾くというハードルをガッツリ下げられるので、まずシンプルに形にしてそこから徐々にステップアップしていけばOK。

その方法を次章で紹介します♪

スポンサーリンク

大人から始めるピアノの独学レッスン方法

前置きが長くなってしまいましたが、ここから大人が独学でもピアノを弾ける方法をお伝えします。

前置きも大切なことなので一読していただければ幸いですm(_ _)m

大人になってからピアノ始めるといっても、仕事や家庭などで多くの時間は取れない人がほとんどだと思います。

それによほどの情熱なり「結婚式で披露しなければいけない!」など、差し迫っていない限りはあまりに難しい&つまらない練習だと恐らく長続きしないと思うんですね。

なので、超初心者な大人でも独学でピアノを弾ける方法をできる限り簡単にお伝えします。

大人から始める超初心者ピアノ独学レッスン『超基礎1』

まず覚えてほしいのは、ピアノの鍵盤の位置。ドレミの位置です。

ピアノを弾いたことがなくても知っている人も多いかもしれませんが、復習として下の図で説明します。

白い鍵盤上がドレミファソラシの音階です。シの上はまたドから始まります。

ドレミファソラシドレミファソラシ…と続いていきます。

白い鍵盤に挟まれた黒い鍵盤は音階の間の音となります。

例えば上図の赤丸の黒い鍵盤はドとレの間にあるので、ドとレの中間の音となりますね。

表記的にはド#(シャープ)、レb(フラット)となります。

#は半音上、bは半音下と覚えておけばOK

なので、『ド#』と『レb』は同じ音のことなんですね♪

まず超基本なので知らなかった場合は覚えておきましょう。ピアノを練習していれば自然と覚えるのでまず鍵盤に触れて慣れてくださいね。

要点まとめ

・ピアノの音の位置を覚える。

・黒い鍵盤は挟まれた白い鍵盤の中間の音程。

・表記は#(シャープ)、b(フラット)で表す。

大人から始める超初心者ピアノ独学レッスン『超基礎2』

次に覚えてほしいのが、『コード』と呼ばれるものです。

よく楽譜に英単語が表記されているのを見たことあるかも。(五線譜の場合は表記がない楽譜もあります。)

和訳だと和音って呼ばれている基本は3音で構成されている音の集合のことです。

コードの種類はかなりあるのですが、全部覚える必要はなく自分が弾く曲に使われるコードだけ覚えればOKです。

ちなみにどんだけあるかというと…コード一覧表

最低限おぼえておくと楽だとおもうコードを紹介します。

基本コードは「C」「D」「E」「F」「G」「A」「B」で、これはメジャーコードと呼ばれています。

基本3和音で構成され、例えばド・ミ・ソを同時に弾くと『C』の和音になります。

また「Cm」「Dm」「Em」「Fm」「Gm」「Am」「Bm」と基本コードに『m』が付くコードがマイナーコードと呼ばれるコードです。

この2つのコード群は曲の中で頻繁に使われるコードであり、他のコードの代わりにも使えるので、ゆくゆくは覚えておくことをオススメします。(コード一覧表

要点まとめ

・基本コードは3音で構成されていて英単語で表記されている。

・コードの種類はたくさんあるが、弾く時に必要なコードだけ覚えれば良い。

・メジャーコードとマイナーコードを覚えておくと後々便利

【初心者向け】ピアノコードの簡単な弾き方と転回形の覚え方とコツピアノでのコードの簡単な弾き方と、コード弾きする時に必要となってくる転回形の覚え方やコツを紹介します。ピアノのコードには規則性があるので、それを覚えてしまえばコード全てを覚える必要もないです...

大人から始める超初心者ピアノ独学レッスン『準備』

練習曲を決めます。好きな曲、弾きたい曲を何曲かピックアップしてください。3曲くらいあると良いですね。

次にその曲のコードが乗ってる楽譜を用意します。これは本屋でもアマゾンでも購入できるしネット上にもサイトがあったります。

いわゆるコード譜と呼ばれるものなのですが、五線譜の楽譜でもコードが表記されていればOKです。

コード譜が掲載されているサイト(無料です)

https://music.j-total.net/

コードは曲に対して付けられているので、ギターなど他の楽器からみても同じです。

実はこのコード譜が初心者向けの楽譜だといえます。

歌詞とその上にコードが載っているだけなので、初心者でも取り組みやすいはずです。

ちなみに弾きやすい曲の目安としては、

  • テンポ(曲のスピード)が遅い曲
  • コードが簡単な曲(簡単なコードに置き換えられることもあります)
  • コードの移り変わりが少ない曲

これらを抑えておけば、よりピアノを弾けるようになるのも早くなるかなと思います。

ですが、やっぱり一番は弾きたい!って思う曲を選ぶことが一番ですね。

弾けるようになるために何度も同じ曲を聴くことになるのだから、好きな曲であれば苦じゃないですよね♪

要点まとめ

・弾きたい曲を数曲ピックアップする。

・その曲のコード譜(もしくはコードが載っている楽譜)を用意する。

・大人初心者向けの楽譜はコード譜!

大人から始める超初心者ピアノ独学レッスン『実践』

実際に弾いていきます。

基本の弾き方は

右手はメロディ+左はコード

この形です。

恐らく一番の関門が”メロディを弾く”ということだと思います。

いくつか方法があって

  1. 何回も聴いてピアノで音を探す。
  2. コード譜ではなくメロディ譜を用意する

1~2は難しい順です。

①は曲を聴きながらメロディの音を探すことになるので、何回も聴いて音を探していくことで音程の高低感を養えるメリットはあります。

②はメロディ譜と呼ばれるものでメロディが五線譜で表記されていて、その上にコードが表記されています。

なので五線譜の多少の見方は覚えないといけませんが、どこを弾けば良いかは把握できます。

メロディ譜は有料ですが以下のサイトから手に入ります。

メロディ譜が掲載されているサイト

http://www.at-elise.com/

あとはひたすら練習ってことになります。

練習の方法としては、

  • 慣れるまではゆっくりとしてテンポで弾く。
  • 最初は片手づつ弾く(メロディだけ・コードだけ)

左手のコードは次のコードに変わるまで抑えっぱなしです。それである程度弾けるようになったらアレンジしても良いと思います。

スピッツのチェリーを例に挙げると(チェリーのコード譜

C ⇛ G ⇛ Am ⇛ Em…

という曲の出だしなので、左手はド・ミ・ソ(C)を次のG(ソ・シ・レ)の箇所に来るまで抑えっぱなし。

次はAmの箇所までG(ソ・シ・レ)を抑えるって感じです。

またコード弾きの練習としては弾き語るのも良いと思います。

左でコードを押さえながら歌うんです。そうするとコードの変わり目がだんだん分かるようになってきます。

メロディに対してコードの変わり目がイマイチ分からなければ、コード譜を見ながら左手でコードを弾いて右手はお休みして歌ってみましょう。

弾き語りの参考に、音楽インストラクターのマユコさんのレッスン動画です。

要点まとめ

・右手はメロディ+左手はコードの弾き方。

・最初はゆっくりとしたテンポで練習。

・メロディを弾く方法は耳コピかメロディ譜で。

・コードを弾く練習として弾き語りを取り入れるのもアリ

・要は左手(コード弾き)は伴奏ってこと

・あとは何度も弾いて指に覚えさせましょう!

初心者向けの楽譜とは?

もう前述しましたが、一応まとめということで改めて。

今回お伝えしてきた中で、五線譜、コード譜、メロディ譜という言葉が出ましたが、初心者向けの楽譜はコード譜です。

コード譜が掲載されているサイト(無料です)

https://music.j-total.net/

なぜならオタマジャクシ(音符)を見る必要もないし、読み方を覚える必要もないので手っ取り早いんですね。

ピアノでの音取りに慣れさえすれば、歌詞とコードしか載っていないコード譜でもピアノを弾くことはできます。

でも楽譜(五線譜)は後々にでも読めるようにはなった方が良いです。

その方が、より弾ける幅も広がります

最後に

大人から始めるピアノ独学での簡単な練習法を紹介しました。

右手はメロディ+左手はコードの形の弾き方が、時間が取れない大人初心者にとっては一番弾けるようになると思います。

アレンジ・弾き語りなど色々展開もできるので、ステップアップしていけばどんどん様になっていきますよ。

それこそ、自分の伴奏でお子さんが歌うとかって形も取れたり、友達と簡単なセッションもできるようにも。

ただ当たり前ですが、継続的に練習したぶん上達していくので、楽しく練習できれば気づけば様になってたりもするかもですね♪

ぜひぜひ楽しくピアノを弾いて音を楽しんでみてください!