おすすめ

【洋楽】失恋から立ち直れる前向きで明るい失恋ソング!おすすめ12選!

失恋の傷を応援してくれるような洋楽の失恋ソングを紹介します。

失恋から立ち直って次へと進んでいけるような、前向きで明るい失恋ソングを洋楽に絞って選んでみました。

それでは、失恋から立ち直れる前向きで明るい失恋ソングを見ていきましょう!

ちび音
ちび音
ところどころ歌詞を和訳している部分がありますが、だいたいのニュアンスで訳しています。もしかしたら意味合いが違うかもしれませんがご了承くださいm(_ _)m

前向きで明るい洋楽失恋ソング12選

Fight Song – Rachel Platten

Rachel Plattenの代表曲。曲名の通り力強いポップソングです。

Rachel Plattenのちから強く綺麗な歌声が気持ちを前向きにしてくれます。

また歌詞もFight Songの曲名通り、背中を押してくれる歌詞だと思います。

サビの部分

This is my fight song(これが私のファイトソング)

Take back my life song(私の人生を取り戻す歌)

Prove I’m alright song (私が大丈夫だということを証明する歌)

この曲は失恋はもちろん、人生に悩んだり落ち込んだりした時にも聴いてほしい一曲です。

ちび音
ちび音
Take back my life song(私の人生を取り戻す歌)の部分が、とても印象的で素敵な歌詞だなぁ♪
It Ain’t Me – Kygo ft. Selena Gomez

有名DJのカイゴと歌姫セレーナ・ゴメスのEDMソング。

曲名を和訳すると「それは私じゃない」。女性が男性に対して諦めた心情を表現した曲ですね。

軽快なEDMサウンドにセレーナ・ゴメスの少し切ない歌声が、失恋した気持ちを前向きな気持ちに切り替えてくれるような歌です。

歌詞は恋愛の末期を表現していて、サビもWho’s~を繰り返していて

”誰が朝方暗い中であなたと一緒に歩いてくれるの?”

など、誰があなたにしてくれるの?と問いかけ、最後にIt ain’t me(それは私じゃない)と締めくくっています。

特に失恋してまだ未練を残している女性には、立ち直らせてくれる一曲だと思います。

ちび音
ちび音
曲名にもなっているIt ain’t me(それは私じゃない)が、歌詞の中で心に刺さりますね♪
Better In Time – Leona Lewis

レオナ・ルイスのピアノのフレーズが印象的なバラードソング。

レオナ・ルイスの力強い歌声もあって切ないけど、前向きな一曲となっています。

恋人と別れた女性の心境を歌っていて最初の方は、

somehow I can’t forget you(あなたをどうしても忘れられない)

など恋人への気持ちを残していますが、

No matter how hard it is I’ll be fine without you(どんなに厳しい人生でもあなたなしでも上手くいく)

など別れた恋人のいない人生と次の恋へと向かえるなど、前へと人生を歩んでいく女性の強さを表現しています。

失恋して落ち込んでいる女性、悲しみに暮れてる女性には、彼との決別と次の恋へと背中を押してくれるような曲ではないでしょうか。

スポンサーリンク

Stronger – Kelly Clarkson

アップテンポなポップソング。

曲名通り力強い歌声と曲調ですね。歌詞も力強い印象で

Doesn’t mean I’m over cause you’re gone(あなたがいなくても私が終わるわけじゃない)

など別れた恋人に対して強気な姿勢を見せつける歌詞です。

”私が戻ってくる、落ち込んでると思ってるのなら大間違い”

というような歌詞もあって、別れた恋人に未練なんか無いってことを表現していますがこの曲のメインメッセージは、

What doesn’t kill you makes you stronger(困難が人を強くする)

辛い失恋はあなたを強い人間にしてくれる、そんな意味合いが含まれています。

失恋を自分の人生の糧となるよう前向きに歌った曲ですね!

Over You – Gigi Radics

ミドルテンポのバラードソング。

切なくも力強い歌声は失恋した心を前向きにしてくれる一曲です。

曲名のようにover you(あなたのことを乗り越える)という意味合いの歌詞で、

あなたが私が落ち込んでいると思っているときでさえ、私は幸せを目指しているそれがあなたを乗り越える方法

など、失恋した女性がそれを乗り越える気持ちを描いてるので、失恋を前向きに乗り越える気持ちを応援してくれるような歌ですね。

Really Don’t Care – Demi Lovato ft. Cher Lloyd

明るくて軽快なガールポップ。

かなり軽快なリズムな失恋ソングで、す。

I never want you back into my life(私の人生に絶対に戻ってきて欲しくない)(よりを戻す気はない)

など、別れた恋人に対してせいせいした!って感じの曲です。

ちび音
ちび音
他にも女性側の別れた彼氏のダメ男っぷりを描いている歌詞なので、そんな恋人との失恋だったら共感できる歌だと思います♪

スポンサーリンク

IDGAF – Dua Lipa

ビートの効いたシンセポップ。

曲名の「IDGAF」とは、「I don’t give a fuck」(気にしない)のスラングの頭文字です。

曲調もEDMちっくで気だるさを感じさる歌声と曲調は、デュア・リパらしいサウンドですね。

サビの歌詞を見ると

So I cut you off (あなたとの関係を断ち切った)

I don’t need your love(あなたの愛は必要ない)

など別れた恋人との決別を描いています。

また歌詞全体も

失恋したことに傷つき泣き明かして、吹っ切って立ち直った自分に今更何を言ってきても無駄

っていう内容です。

失恋した気持ちを前向きに次へと向かわしてくれる歌ですね。

ちび音
ちび音
女性の強さと男性の脆さを描いているような歌詞ですね~
Crying in the Club – Camila Cabello

曲調が独特なダンス・ポップ。

前半の叙情的なサウンドと独特な歌声から、途中からビートが入ることで雰囲気が一転ダンス・ミュージックになります。

またカミラ・カベロの独特なサウンドとリズム感は

歌詞は失恋というよりも、彼女と振られた男性に思いを寄せている女性などを描いているので100%な失恋ソングではないかもしれません。

ただその中でも

You fear, that you lay alone forever now(永遠に独りで寝ることを恐れているんでしょ)

It ain’t true(それは事実ではないわ)

など響くような部分もあったりします。

思いっきり明るい曲ではないですが、ラテン的なビートとカミラ・カベロの独特な歌声が心火を灯してくれるような歌だと思います。

What Do You Mean? – Justin Bieber

ジャスティン・ビーバーの大ヒット曲。

男が彼女に振り回されている曲で、歌詞的には失恋ソングではないですw

しかし彼女のわがままに振り回されている歌詞と軽快なリズムとサウンドは、明るくこんなこともあったなって感じで、男性の失恋ソングとしてもいいかなと思います。

ちび音
ちび音
男性から見たら結構あるあるな歌詞なので、10代20代の男性の失恋ソングとしては特にオススメ♪

スポンサーリンク

One Wish – Fifth Harmony

明るいポップソング。

リズミカルでガーリーなサウンドは前向きに明るくしてくれます。

歌詞は別れた恋人に未練はあるけど吹っ切ろうとしている、といった感じで

Hello that means goodbye(サヨナラの意味を持ったこんにちは)

It’s about time I finally got over you(とうとうあなたを乗り越えたわ)

など、恋人との別れを前向きに乗り越えようとしている印象を受けますね!

Love Myself – Hailee Steinfeld

EDM系のポップソング

軽快なテンポとガーリーな歌声が心地よい曲です。

曲名「Love Myself」は自分を愛そうという意味ですが、歌詞は物理的に自分を愛するという扇情的な描写をイメージさせます。

ある意味ニュータイプかもしれませんね~

Gonna love myself, no, I don’t need anybody else(さあ自分を愛そう、他に誰も必要ない)

Feeling good on my own without you(あなたがいなくても、自分で気持ちよくなれる)

など振り切った&キワドイ歌詞で普通の失恋ソングとは全く違いますが、ノリのいいビートで曲自体は爽快なので明るく前向きにしてくれそうな歌ですよ!

Big Girls Don’t Cry – Fergie

ファーギーのポップバラード。

BEP時代と全く違うアンプラグドな印象の曲に当時は驚いた一曲。

とてもスタンダードなミディアムテンポのバラードで、とても心地よい歌です。

曲名「Big Girls Don’t Cry(大人の女は泣かない)」のように、大人の女性の失恋ソングといえます。

It’s time to be a big girl now(成長するときが来た)

To be with myself and center, clarity Peace, Serenity(穏やかに自分と向き合うため)

など別れの原因を自分自身といい、成長しないといけない時が来たなど大人の女性の失恋模様を垣間見れる歌詞です。

切なくも力強い曲調と理性的で感情が見え隠れする歌詞は、前向きに立ち直れる大人の失恋ソングとしてイチオシです♪