洋楽アーティスト

ザ・チェインスモーカーズの最新おすすめ人気曲ランキング!

ザ・チェインスモーカーズ(The Chainsmokers)の最新のオススメ人気曲をランキング形式で見ていきます。

ここ数年のEDMブームは凄まじいですが、その中でもザ・チェインスモーカーズ(The Chainsmokers)は、グラミー賞にノミネートされたトップDJです。

2019年のサマソニのヘッドライナーにも決定したようですね。

ちび音
ちび音
EDMが苦手な人でも聴きやすいDJだと思います

それでは、ザ・チェインスモーカーズのオススメの人気曲について見ていきましょう!

ザ・チェインスモーカーズのおすすめ最新人気曲ランキング

-位:All We Know ft. Phoebe Ryan(2016年)

アルバム「Collage」からのシングルカット。

ミドルテンポのラブソングでEDM X POPといった感じで、Phoebe Ryanのささやくような歌い方もピッタリですね。

ただセールス的には爆発的に売れた「Closer」の後だったからか、チェインスモーカーズのシングルにしてはそれほどだったようです。

ちび音
ちび音
Phoebe Ryanの歌声もあってか、どこかかわいいラブソングですね♪
-位:Side Effects ft. Emily Warren(2014年

2018年7月のシングル。

ベースラインの効いたサウンドでEDMらしいダンス・ミュージックで、夏っぽい踊りたくなるような曲ですね。

オシャレで今風の軽さも感じられるEDMで、Emily Warrenの歌声も艶っぽくてかっこいいです。

ちび音
ちび音
ハウス系のエレクトロサウンド♪
-位:Roses ft. ROZES(2015年)

アルバム「Bouquet」からのシングルカットで恋い焦がれているような曲です。

ミドルテンポのゆったりとしたサウンドで、いわゆるEDMぽくないのも特徴ですね。

アメリカでは最高チャートは6位で、チェインスモーカーズの勢いを付けた曲ともいえます。

ちび音
ちび音
アメリカでは300万枚売れた大ヒット作♪
-位:Paris(2017年)

アルバム「Memories…Do Not Open」からのシングルカット。

フランスの首都パリを冠したタイトルですが、その意味だけでなく「感情的な憧れ」「全ての完璧な世界」という意味も内包しているんだとか。

自分探しの旅に出る人の気持ちを表しているかのような意味が含まれている曲です。

ちび音
ちび音
この曲をテーマにした映画も制作中なんだとか♪
-位:Waterbed feat. Waterbed(2015年)

アルバム「Bouquet」からのシングルカット。

チェインスモーカーズらしいパーティーチューンのトロピカルなEDMサウンドです。

EDMですがそこまでコテコテのデジタルサウンドではないのと、Waterbedの歌声がかわいいし、メロディもフレーズもキャッチーで聴きやすいですね。

ちび音
ちび音
MVのとおり海外のセレブリティなパーティに合いそうな曲♪
10位:You Owe Me(2018年)

2018年2枚目のシングル。

EDM色の少ないPOP寄りの曲で、今のメディアに対しての疑問を歌っています。

「SICK BOY」に引き続きEDM色が少ない曲のリリースで、新しいチィンスモーカーズだっていう声も聞かれました。

ちび音
ちび音
これだけ聴くとEDMのDJとは想像つかないかも♪
9位:Everybody Hates Me(2018年)

2018年第3弾のシングルでEDM色は少ない曲だと思います。

タイトルのとおり批判と孤独の中でもがいてきた事を歌っています。

トップアーティストに駆け上がって、成功を手にしてからの苦悩を表現しているようですね。

ガチガチのEDMフリークには好かれないのかもしれませんが、EDMに興味の無い人でも聴きやすいのがチェインスモーカーズの強みだなと。

ちび音
ちび音
チェインスモーカーズの楽曲の振り幅は、EDMバブルが弾けても生き残れる気がしますね~♪
8位:Sick Boy(2018年)

2018年最初のシングル。

EDMでお馴染みの”4つ打ち”のリズムでもないし、ドラムサウンドも808などエレクトロでなくどちかというとバンドサウンド、というか限りなくPOPSな曲ですね。

デジタルサウンドやエフェクトが少ないのも、EDMぽさを感じられないとこだと思います。

なので、チェインスモーカーズのファンからは「EDMじゃない」など不評だったようですが…汗

ですが、この曲はEDMとはいえないかもしれないけど、良曲だと思います。個人的には好きですね。

ちび音
ちび音
エレクトロ色が限りなく無いので、EDM苦手な人でも全然聴ける♪

スポンサーリンク

7位:#SELFIE(2014年)

チェインスモーカーズの3枚目のシングル。

この曲で初めてアメリカで100万枚のセールスを記録し、一躍大ブレイクしました。

最近のチェインスモーカーズとはテイストが違ってEDM色が強い曲です。

ちび音
ちび音
まさにダンスフロアーミュージック♪
6位:Beach House(2018年)

2018年11月のシングル。

ここ最近のEDM色が少ない楽曲が多かったチェインスモーカーズの中では、”らしい曲”ですね。

メロディアスなバラードに、EDMのオシャレなサウンドがミックスしたような感じの曲で決してコテコテのEDMではないです。

ちび音
ちび音
チェインスモーカーズの曲は、聴き心地の良いメロディが多いのも特徴ですね♪
5位:Hope ft. Winona Oak(2018年)

2018年12月のシングル。

シングルを量産してきたチェインスモーカーズの2018年を締めくくるシングルです。

トロピカルサウンドなEDMでメロディアスな曲。ビート感はチェインスモーカーズっぽいですね。

ちび音
ちび音
チェインスモーカーズは、「All We Know」や「Inside Out」が好きなら気に入ると思う、ってツイートしたそうです。何となく分かるかも♪
4位:Don’t Let Me Down ft. Daya(2016年)

アルバム「Collage」からのシングルカット。

ミドルテンポな曲でEDMの中では割とゆったりとしているでしょうか。

フィーチャリングで参加したDayaは当時18歳で、デビューしたばかり新進気鋭のヴォーカリスト。

この曲にコラボしたことでDayaも大ブレイクしました。

3位:Young(2017年)

アルバム「Memories…Do Not Open」収録曲。

タイトルの通り若い頃の恋愛について歌った曲で、少し切ない浮遊感のあるEDM。

EDMといってもエレクトロなサウンドがゴリゴリではなく、むしろアコースティックギターのサウンドが印象的な、EDMが苦手な人でも聴ける曲だと思います。

ちび音
ちび音
若い時の激しい心情が込められた歌詞も印象的な曲ですね~♪
2位:This Feeling (feat.Kelsea Ballerini)(2018年)

2018年9月のシングル。

カントリーシンガーのKelsea Balleriniとのコラボだけあって、耳に残るメロディとサウンドです。

EDMサウンドとカントリー・ポップの融合と言った感じでしょうか。

この曲だけではないですが、デジタルと生楽器のバランスが絶妙なサウンドですよね。

ちび音
ちび音
女性シンガーを迎えたチェインスモーカーズの楽曲はアタリが多いなぁ♪
1位:Closer ft. Halsey (2016年)

アルバム「Collage」からのシングルカットで、チェインスモーカーズの代表曲と言えます。

チェインスモーカーズ最大のヒット曲で、アメリカだけで700万枚のセールスを記録。

この曲を聴いてEDMの印象が変わった人も多いのではないでしょうか。

トラックはEDMならではループ系のトラックですが、いわゆる「4つ打ち」ではなくEDMにしては珍しい間が絶妙なリズム。

そして印象的なフレーズとキャッチーなメロディは、多くの人の耳に残ったと思います。

ちび音
ちび音
初めて聴いた時、これもジャンルはEDMなんだ!?って驚きました・笑