歌詞考察

宇多田ヒカル『First Love』歌詞の意味と内容を考察・和訳

宇多田ヒカルの『First Love』の歌詞の意味や内容を考察していきます。

宇多田ヒカルの『First Love』といえば、1999年に発売され、それまでのJPOPの流れを変えた宇多田ヒカルのムーブメントを決定づけた一曲です。

そんなバラードソングである『First Love』の歌詞を、英語の部分も和訳して考察していきます。

ちび音
ちび音
宇多田ヒカルの凄いと言われる理由の一つに、歌詞を挙げる人が多いんですよ♪

それでは、宇多田ヒカルの『First Love』の歌詞について、見ていきましょう。

宇多田ヒカル『First Love』

宇多田ヒカルの『First Love』は1999年に発売され、96万枚のセールスを記録した大ヒットバラード。

宇多田ヒカルのファーストシングル「Automatic」で世間に衝撃を与え、この『First Love』で宇多田ヒカルのブームを決定づけた一曲でもあります。

当時のカラオケチャートでも15週連続1位という、今の米津玄師の『Lemon』のような感じで流行りました。

ちび音
ちび音
同名のアルバム「First Love」も大ヒットし、宇多田ヒカルはそれまでのJPOPとは違う、新しい音楽の到来を感じさせるような、20世紀末に突如として現れた次世代のアーティストだったんですね♪

宇多田ヒカル『First Love』の歌詞の意味と内容を考察

宇多田ヒカル『First Love』の歌詞の意味と内容を考察

宇多田ヒカルの『First Love』の1番の歌詞の内容を考察していきます。

この曲はしっとりとしたラブ・ソングですが失恋の曲で、初恋の相手に対する想いを謳っています。

宇多田ヒカル『First Love』の歌詞

宇多田ヒカル『First Love』の1番の歌詞の内容を考察

宇多田ヒカル『First Love』の1番の歌詞の内容を考察

宇多田ヒカル『First Love』1番Aメロ

宇多田ヒカル『First Love』の歌詞

「最後のキス」ということから、恋人と別れる直前のシーンです。

「ニガくてせつない香り」という一文が主人公の心情を語っているようです。

恋人と別れる事になった主人公は、ほろ苦くて切ない気持ちになったことが伺えます。

ちび音
ちび音
この出だしのフレーズは、JPOPの中でも最も有名なフレーズの一つではないでしょうか

宇多田ヒカル『First Love』1番Bメロ

宇多田ヒカル『First Love』の歌詞

別れた恋人に思いを馳せています。

別れた恋人は、新しい人生が始まっているはずの明日という未来に、元恋人はどこにいて誰のことを考えているのか、想っているのか…

主人公の別れた恋人への想いが感じ取れるパートですね。

宇多田ヒカル『First Love』1番サビ

宇多田ヒカル『First Love』の歌詞

一番感情が入るであろうサビの部分に英詩の比率が増えるのは、バイリンガルならではって感じもしますね。

ちび音
ちび音
近年の宇多田ヒカルの歌詞の特徴は、また違ってきています。
  • 1行目和訳:あなたはいつまでも最愛の人
  • 3行目和訳:あなたが教えてくれた愛を思い出すでしょう
  • 4行目和訳:あなたはいつまでも唯一の存在

と和訳できます。

別れた恋人に対していつまでも愛情があり、将来新しい恋人ができたとしても、あなたは特別でありオリジナルだということを歌っています。

ちび音
ちび音
初恋が終わった時、多くの人が抱く気持ちなのでは。

と、別れた恋人に対しての感謝と愛情を表していますが、新しい恋に出会うまでは、今はまだ別れてしまったことを悲しく思っている。

ちび音
ちび音
「新しい歌 うたえるまで」は「新しい恋に出会うまで」という比喩だと捉えました。

スポンサーリンク

宇多田ヒカル『First Love』の2番以降の歌詞の内容を考察

宇多田ヒカル『First Love』の2番以降の歌詞の内容を考察

宇多田ヒカル『First Love』2番Aメロ

宇多田ヒカル『First Love』の歌詞

恋人と別れた後の主人公の心情です。

恋人と別れてから主人公はまだ新しい恋に進めずにいるけれど、徐々に前向きに動き出そうという気持ちが出てきています。

でも、別れて恋人との思い出は忘れられない、という気持ちも強く残っていることが伝わってきます。

ちび音
ちび音
歩みださなきゃいけないのに、別れた恋人が忘れられない、そんな揺れる気持ちが読み取れます

宇多田ヒカル『First Love』2番Bメロ

宇多田ヒカル『First Love』の歌詞

1番Bメロとの対比で、1番Bメロでは別れた恋人の気持ちを想像していましたが、ここでは自分自身の気持ちを謳っています。

「わたし」が別れた恋人のことを、どれだけ好きで忘れられないかが伝わってきます。

初恋が終わりを迎え、新しい恋に進まなくていけないけど、「あなた」への想いは尽きないことが感じ取れます。

ちび音
ちび音
失恋した時、このような気持ちになった経験のある人は多いかなって思います。

宇多田ヒカル『First Love』2番サビ&大サビ

宇多田ヒカル『First Love』の歌詞

2番サビと転調後の大サビの歌詞ですが、別れた恋人に対しての愛情がこれでもかっていうほど伝わってくる内容です。

2番サビの部分

  • 1行目和訳:あなたはいつも私の心の中にいる
  • 3行目和訳:あなたも私と同じように想っていてほしい
  • 4行目和訳:今までもこれからも、あなたは唯一の存在

と和訳します。

ちび音
ちび音
別れてしまったけどずっと「わたし」の心の中には「あなた」はいて、あなたも同じように思って欲しい、っていう別れた恋人への気持ちが溢れています。

大サビは1番サビの歌詞と同じで、最後の部分が「Now and forever」(今までもこれからも)と変わっています。

2番サビと大サビを通して、別れた恋人への想いの強さを感じさせる歌詞になっています。

ちび音
ちび音
忘れないし、忘れてほしくないという気持ちに共感できる人も多いと思います♪

最後に

宇多田ヒカルの『First Love』の歌詞の意味と内容を考察しました。

英詩の部分も和訳して考察しましたが、タイトル「First Love」のとおり初恋の別れの心情を表現した歌詞でしたね。

初恋の相手への特別な感情と想いが溢れた歌詞の内容で、誰しもが経験した感情でもあるのかもしれません。

歌詞は「好き」「愛している」など単純で直接的な言葉を使わず、とても繊細に時に比喩的に心情を描いています。

それが人を惹きつけ、当時の若い世代を中心に大ヒットしたんだろうなと改めて感じました。

ちび音
ちび音
歌詞のクオリティは正直他のアーティストより抜きん出ていると感じました♪