作編曲のやり方

【初心者向け】曲の構成を考えて作曲する方法と王道パターン

曲の構成を考えて作曲する方法と王道の構成パターンを紹介します。

作曲するにあたり、

  • どのような感じの曲にするか
  • どんな展開にするか
  • どのパート(楽器)を使うか

 

など、曲の構成をある程度固めておくと作編曲もしやすくなります。

また曲の構成は王道・定番パターンがあるので、初心者の方はもちろん、作曲に行き詰まっている場合も一度構成を考え直してみると良いですね。

そんな構成のパターンを含め、曲の構成を考えて作曲する方法をお伝えします。

ちび音
ちび音
構成っていうのは曲の設計図みたいなモノですので、初心者の方は是非参考にしてみてくださいね♪

それでは、曲の構成を考えて作曲する方法と王道の構成パターンを見ていきましょう!

こちらも参考にしてみてください

【初心者向け】作曲の手順
【初心者向け】作曲のやり方とコツ!音楽理論やコード進行はどうする?初心者向けの作曲のやり方とコツについて紹介します。また作曲に関して、音楽理論やコード進行はどうすれば良いのかもお伝えしていきます。作曲は初心者でも基本をインプットして実践していけば十分できるようになっていくし、バンドマンや歌手志望の人でも覚えておいて損は無いです。...

【初心者向け】曲の構成を考えて作曲する方法

【初心者向け】曲の構成を考えて作曲する方法

『曲の構成を考える』というのは、大きく分けて2つを意味します。

  • 曲自体の構成
  • 曲に使う楽器の構成

 

これらを前もってある程度決めておくことで、作曲しやすくなっていきます。

曲自体の構成を考える

曲自体の構成

曲の構成とは、各曲の部分をどのように並べるかということで、

「Aメロ」とか「サビ」などの言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。

代表的な構成パートとしては

  • イントロ
  • Aメロ
  • Bメロ
  • Cメロ
  • サビ
  • 大サビ
  • 間奏
  • アウトロ(エンディング)

 

これ以外にも曲によってはあるし、上記に挙げた構成パートを全て使う必要もありません。

ちび音
ちび音
イントロがない曲やBメロがない曲もありますよね♪

ちなみにHiphopでは、バースやフックと呼ばれるモノですね。(バースがAメロ、フックがサビにあたります)

作曲する時に、これらのパートどのように構成するかを決めます。

例えば、イントロ ー 1番Aメロ ー 1番サビ ー 2番Aメロ~など、色々考えることができるはずです。

また上記のような構成に決めたからといって、イントロから作らなくてはいけないってこともありません。

ただコード進行のこともあるので、初心者のうちは順番に作ったほうが良いとは思います。

【作曲初心者向け】コード進行やメロディの作り方と王道パターン作曲の時に必ず必要となるコード進行の作り方には規則性があり、またメロディとの組み合わせも基本があります。またコード進行には王道と呼ばれるいくつかのコード進行を紹介するので、曲作りの参考にしてみてくださいね。...
ちび音
ちび音
サビが先に思いついて、そこからイントロなど他のパートを作曲していくってことも多いです

なので、まずは作曲する前に、どのような曲の構成にするかを考えてみてください。

もしどうしたら良いか分からなければ、好きな曲や参考にしている曲の構成を見てみましょう。

曲に使う楽器の構成を考える

曲に使う楽器の構成

曲に使用する楽器パートを考えるってことで、編曲の部分になります。

これは2つのポイントを考えてみてください。

  1. どの楽器を使うか
  2. どのパートでどの楽器を使うか

 

①は、単純に「どの楽器を使用するか」ですが、

  • ヴォーカル(主旋律)
  • ドラム
  • ベース
  • ギター
  • ピアノ(キーボード)
  • シンセ
  • ストリングス

 

など、もちろん他にも色々ありますが、この辺りが定番です。

②はその選んだ楽器をどの構成パートで使うかです。

1番のAメロはどの楽器を使うか使わないか、サビはどの楽器を使うかなど、曲の構成パートで使う楽器を考えてみると良いです。

例外はありますが、基本は曲ってサビに向かって盛り上がっていきますよね。

だから作編曲も基本は同じように、サビに向かって盛り上がるような作り方をします。

なので、曲の最初から全部の楽器パートを使うより、サビに向かって楽器を増やしていくほうが盛り上がります。

サビが盛り上がるようにするために、楽器構成を考えると良いです。

AメロやBメロは楽器の数や音数を少なくして、サビで一気に増やすなど、楽器や音数のメリハリを付けるとサビが目立ちます。

スポンサーリンク

曲の構成の王道・定番パターン

曲の構成の王道・定番パターン

曲の構成はよく使われている王道で定番のパターンが存在します。といっても、ぶっちゃけかなりの数あるって個人的には思っていますけど…

個人的に一番の王道定番パターンは

イントロ ー 1番Aメロ ー 1番Bメロ ー 1番サビ ー 間奏 ー 2番Aメロ ー 2番Bメロ ー 2番サビ ー Cメロ ー サビ ー 大サビ ー アウトロ

これかなぁと思います。

ちび音
ちび音
ちなみに「大サビ」という用語は、プロの現場だとサビ前の新しいメロディ(上記のCメロ)のことですが、一般的にはラストのサビという解釈が圧倒的なのでそちらを採用♪

もちろん他にも色々な構成があるのですが、初心者のうちはこれを基本構成として考えてみても良いと思います。

次に人気曲の曲構成を紹介するので、曲の構成を考える際の参考にしてみてくださいね。

米津玄師「Lemon」の曲構成

1番Aメロ ー 1番Aメロ ー 1番Bメロ ー 1番サビ ー 間奏 ー 2番Aメロ ー 2番Bメロ ー 2番サビ ー Cメロ(転調) ー Cメロ(転調) ー ブリッジ ー サビ ー アウトロ

イントロが無い構成パターンです。

Cメロで転調していますが、ブリッジを経てラストのサビでは元の調に戻っています。

あいみょんの「マリーゴールド」の曲構成

イントロ ー 1番Aメロ ー 1番Aメロ ー 1番Bメロ ー 1番サビ ー 1番サビ ー ブリッジ ー 2番Aメロ ー 2番Bメロ ー 2番サビー 2番サビ ー Cメロ ー サビ ー サビ ー サビ’ ー アウトロ  

構成としてはかなり王道なパターンではないでしょうか。

サビを2回繰り返すのが特徴でラストにサビが3回来ますが、最後の3回目はエンディングに向けて他のサビとは少し変わっていますね。

宇多田ヒカルの「初恋」の曲構成

サビ ー 間奏(サビ’) ー 1番Aメロ ー 1番Bメロ ー 1番サビ ー 1番間奏(サビ’) ー 2番Aメロ ー 2番Bメロ ー 2番サビ ー Cメロ ー サビ ー サビ ー エンディング(サビ’)

サビが最初に来る構成で、「I need you~」の部分はサビと捉えて2種類のサビの構成と捉えることができます。

が、もう一つの捉え方として、間奏パートとしても捉えることもできるので、『間奏(サビ’)』という表記をしました。

最後に

曲の構成を考えて作曲する方法と王道の構成パターンを紹介しました。

作曲する時に、曲の構成を最初に考えておくと曲の全体像をなんとなくでも掴めると思うので、是非参考にしてみてください。

また曲の構成は本当に色々なパターンがあり、王道定番パターンも紹介しましたが、曲を作る時に自分が気に入った構成、しっくり来る構成を選べば良いと思います。

また今回は3曲の曲構成を紹介しましたが、他にも色々な曲の構成を分析してみると曲構成を考える時のアイデアにもなると思いますよ。

【初心者向け】作曲の手順
【初心者向け】作曲のやり方とコツ!音楽理論やコード進行はどうする?初心者向けの作曲のやり方とコツについて紹介します。また作曲に関して、音楽理論やコード進行はどうすれば良いのかもお伝えしていきます。作曲は初心者でも基本をインプットして実践していけば十分できるようになっていくし、バンドマンや歌手志望の人でも覚えておいて損は無いです。...